ATOM-D510の評価

新型ATOM-D510の評価を行いました。
評価に使用したCPUは、ATOM型D510とN270、セルロンM1.7GHzです。
新型ATOM-D510装置(写真)

ベンチマークテストの結果
HP社nx6320(CeleronM 1.7GHz)と比較してグラフィックスの描画速度は遅いです
が、演算スピードは1.6倍も速くなっています。

起動時間はsATA-HDD使用時、N270が48秒対し、D510は約35秒です。
特にCFにした場合26秒になり30秒を切るので体感的にも相当速く感じます。
[起動時間]  sATA-HDD    CF
新ATOM    35秒26秒    26秒
旧ATOM    48秒       32秒
消費電力は、N270が18Wに対し、D510は22Wと少し増えています。
(sATA-HDD、LCDなし)

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>