FDデータやPC9801ソフト資産の活用

フロッピーディスク(略称FD)が市場から消え、久しいですが、
現在も運用されている状況です。
FDのデータは、SD化して運用しています。
使用しているFD関連製品は、下記の通りです。
・FDドライブとSDカードの複合装置
・FDドライブエミュレータ
・FD(34P)とUSB変換

PC9801のソフト資産は、XP上で運用しています。
エンベデットXPは、現在も入手可能です。
パソコンは、工業用設計しています。
主な仕様は、下記の通りです。
・CPU:  インテルATOM
・メモリ:  最大2GB
・表示系:  液晶用LVDS、外部用VGA
       (15インチ液晶モニタ)
・SATA: 2CH(SSDを使用)
・LAN:  2系統(10/100/1000)
・USB:  8CH(USB2.0)
・COM:  6CH(バス直結型)
装置の特徴は、無人運転用に自動立上り、自動電源断機能を搭載しています。
工業用の装置は、24時間365日、安定して動作する事が重要です。
新しい装置も良いと思いますが、実績のある装置を運用する事も大切です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ(氏名の匿名はご遠慮ください。匿名のご依頼の場合返答いたしかねます)

無線モジュールのリアルタイム送受信

無線モジュールは、無線を経由し、無線受信にデータを送ります。
内部にマイコンが搭載されているので、データ転送処理は、マイコン任せになります。
実際では、マイコン側でデータ間隔の調整を行います。
この為、最大で200mS程度の遅延が発生する事もあり、リアルタイムでは使えません。
そこで、データ間隔の調整を行わない様、データ間隔を調整する事で、リアルタイムに行えます。
(添付波形参照)

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ(氏名の匿名はご遠慮ください。匿名のご依頼の場合返答いたしかねます)

SSD1963の液晶表示

液晶画面に文字出力をしました。
下2行は、信号モニタに使います。
高速に文字や画面を切替えても問題ありませんでした。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ(氏名の匿名はご遠慮ください。匿名のご依頼の場合返答いたしかねます)

SSD1963の画面切替

SSD1963には、1.2Mバイトの画像メモリがあります。
このメモリを使うには、スクロール機能を使います。
予め画面を用意して、画面の差し替えが瞬時にできます。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ(氏名の匿名はご遠慮ください。匿名のご依頼の場合返答いたしかねます)

固定周波数型の特定省電力モジュール

最近は、PLL方式の無線モジュールが主流です。
固定周波数型は、推奨振動子の製造技術が必要になります。
当然特注品ですが、技術育成には必要かも知れません。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ(氏名の匿名はご遠慮ください。匿名のご依頼の場合返答いたしかねます)

液晶制御SSD1963をマイコン(アセンブラ)で制御

液晶制御SSD1963をH8マイコン(アセンブラ)で制御します。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ(氏名の匿名はご遠慮ください。匿名のご依頼の場合返答いたしかねます)

MAU102(DC/DC)の出力回路の改善

MAU102は、出力が安定していません。
負荷に変動も激しいので、出力回路を改善します。
低電位差のレギュレータをを使います。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ(氏名の匿名はご遠慮ください。匿名のご依頼の場合返答いたしかねます)

使えないブースターケーブル

バッテリ上がりで、先日購入したブースターケーブルを接続してみたが、エンジンがかからない。
原因は、ケーブルの接続部に約1Ωの接触抵抗を持っているのが原因でした。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ(氏名の匿名はご遠慮ください。匿名のご依頼の場合返答いたしかねます)

5.6インチ液晶HDMIモニター

解像度  1024x600
最大入力 1920x1080 60Hz
入力は、HDMI、Video、YPrPb
VGAは、HDMI変換して使用します。
重量も270gと軽量です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ(氏名の匿名はご遠慮ください。匿名のご依頼の場合返答いたしかねます)

アナログフォトカプラによる絶縁アンプ

高耐圧のアナログ絶縁が必要になりました。
以前購入したIXYS社のアナログフォトカプラを思い出しました。
耐圧は3750Vで、精度12ビット程度です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ(氏名の匿名はご遠慮ください。匿名のご依頼の場合返答いたしかねます)