組込型振動解析装置

振動波による解析は、低域(加速度)、中域(超音波)、高域(AE)があります。
加速度波は振動と低域ノイズの分離が重要です。
AE波は素材そのものが発生する振動波です。
最近はAE波をデジタル分析する手法が使われています。
本装置は、素材判定をアナログ的に処理します。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>