FDデータやPC9801ソフト資産の活用

フロッピーディスク(略称FD)が市場から消え、久しいですが、
現在も運用されている状況です。
FDのデータは、SD化して運用しています。
使用しているFD関連製品は、下記の通りです。
・FDドライブとSDカードの複合装置
・FDドライブエミュレータ
・FD(34P)とUSB変換

PC9801のソフト資産は、XP上で運用しています。
エンベデットXPは、現在も入手可能です。
パソコンは、工業用設計しています。
主な仕様は、下記の通りです。
・CPU:  インテルATOM
・メモリ:  最大2GB
・表示系:  液晶用LVDS、外部用VGA
       (15インチ液晶モニタ)
・SATA: 2CH(SSDを使用)
・LAN:  2系統(10/100/1000)
・USB:  8CH(USB2.0)
・COM:  6CH(バス直結型)
装置の特徴は、無人運転用に自動立上り、自動電源断機能を搭載しています。
工業用の装置は、24時間365日、安定して動作する事が重要です。
新しい装置も良いと思いますが、実績のある装置を運用する事も大切です。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>