無線モジュールのリアルタイム送受信

無線モジュールは、無線を経由し、無線受信にデータを送ります。
内部にマイコンが搭載されているので、データ転送処理は、マイコン任せになります。
実際では、マイコン側でデータ間隔の調整を行います。
この為、最大で200mS程度の遅延が発生する事もあり、リアルタイムでは使えません。
そこで、データ間隔の調整を行わない様、データ間隔を調整する事で、リアルタイムに行えます。
(添付波形参照)

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>